伊藤久美子のブログ
横浜の画家が切り取る、ちょっと変わった日常をお楽しみ下さい!
<< 谷垣博子先生と双子のビスクドール / main / ガラスのパンケース >>
テディベア ブルー君


テディベア、ブルーのチルターン社
ハグミーベアが来ました。
すごく小さいけど威厳があります。



1930年、この時代のブルーのモヘアは
とても貴重だそうです。
長く、長く
世の中を見てきたんだね、、、。


/ 13:39 / - / comments(0) / trackbacks(0) /
COMMENT









Trackback URL
http://kiki.kumiko-ito.com/trackback/2794
TRACKBACK