伊藤久美子のブログ
横浜の画家が切り取る、ちょっと変わった日常をお楽しみ下さい!
嬉しーい!

推理作家のNさんがお見えになりました。
嬉しくて
まじまじと見つめてしまいました。
お綺麗な方でした。

/ 14:47 / 一枚の繪と旅 / comments(0) / trackbacks(0) /
嬉しーい!

推理作家のNさんがお見えになりました。
嬉しくて
まじまじと見つめてしまいました。
お綺麗な方でした。

/ 14:47 / 一枚の繪と旅 / comments(0) / trackbacks(0) /
東京大丸個展会場

素敵なところです。

/ 12:23 / 一枚の繪と旅 / comments(0) / trackbacks(0) /
東京大丸個展会場

素敵なところです。

/ 12:23 / 一枚の繪と旅 / comments(0) / trackbacks(0) /
東京

東京タワーは見えないが
映画「東京タワー」は名作だと思った。

夜からの電気を消し
ブルーグレーのビル群を
眺めるが

あの映画を見た以降
東京のイロミがついてきた。
ひとつ ひとつの窓
違えるデザインの建物が
水平線まで広がる。
その間をうねうねと続く
線路。
バベルの搭ではないが
こんなにビルばかりで
どーするんだろう。

/ 05:07 / 一枚の繪と旅 / comments(0) / trackbacks(0) /
東京

東京タワーは見えないが
映画「東京タワー」は名作だと思った。

夜からの電気を消し
ブルーグレーのビル群を
眺めるが

あの映画を見た以降
東京のイロミがついてきた。
ひとつ ひとつの窓
違えるデザインの建物が
水平線まで広がる。
その間をうねうねと続く
線路。
バベルの搭ではないが
こんなにビルばかりで
どーするんだろう。

/ 05:07 / 一枚の繪と旅 / comments(0) / trackbacks(0) /
人生にホテルを!

日常生活に溢れるものや喧騒をそぎおとし、快適に住むためだけの要素だけ簡潔にしたホテル。
ホテルの部屋に入ってドアを閉めると 結介の中にいるような深い安堵感に包まれる。
たまに気合いを入れてホテルに贅沢するのはたぶん無駄にはならないだろう。
いま流行りのリセットには転地や旅行がお勧めだが
近場のホテルでとりあえずワープしてみるのも悪くない。

〜桐島洋子さんの
「聡明な女たちへ」から 抜粋


ホテルのロビーなどに
かかる絵やオブジェは
よい勉強になります。
パリのリッツ
ヴェニスのダニエリなどをあげている桐島洋子さん。素敵です。

明日からの個展を口実に(笑)ホテルに泊まり、デパ地下の千疋屋のフルーツケーキを食べるのであった!
しあわせ。

「幸福は幸福を呼ぶ」
宇野千代さんの金言です

/ 21:30 / 一枚の繪と旅 / comments(0) / trackbacks(0) /
人生にホテルを!

日常生活に溢れるものや喧騒をそぎおとし、快適に住むためだけの要素だけ簡潔にしたホテル。
ホテルの部屋に入ってドアを閉めると 結介の中にいるような深い安堵感に包まれる。
たまに気合いを入れてホテルに贅沢するのはたぶん無駄にはならないだろう。
いま流行りのリセットには転地や旅行がお勧めだが
近場のホテルでとりあえずワープしてみるのも悪くない。

〜桐島洋子さんの
「聡明な女たちへ」から 抜粋


ホテルのロビーなどに
かかる絵やオブジェは
よい勉強になります。
パリのリッツ
ヴェニスのダニエリなどをあげている桐島洋子さん。素敵です。

明日からの個展を口実に(笑)ホテルに泊まり、デパ地下の千疋屋のフルーツケーキを食べるのであった!
しあわせ。

「幸福は幸福を呼ぶ」
宇野千代さんの金言です

/ 21:30 / 一枚の繪と旅 / comments(0) / trackbacks(0) /
個展の前に

個展の前にいつもネイルサロンに行く。
http://www.ichimainoe.co.jp/

今回はピンクとブルーのチェック柄。
このとろとろの日々に気合いを入れるためだが。。。こういう事を努力というものだと思う。

幼稚園の頃は周りと溶け込めず 自由遊びの時は壁にへばり付いていた。

高校生の時は
初めてのEarthWind&Fireのコンサート。阿鼻叫喚しているまわりの女の子に圧倒されてしまった。

そんな自分は
いまでもかわらないと思う。
私のまわりに花のある人が一人いる。吸い寄せられるように その人を目で追ってしまうが
「生まれつき持っているものなんだなー。」
なんて思う。


/ 01:58 / 一枚の繪と旅 / comments(0) / trackbacks(0) /
個展の前に

個展の前にいつもネイルサロンに行く。
http://www.ichimainoe.co.jp/

今回はピンクとブルーのチェック柄。
このとろとろの日々に気合いを入れるためだが。。。こういう事を努力というものだと思う。

幼稚園の頃は周りと溶け込めず 自由遊びの時は壁にへばり付いていた。

高校生の時は
初めてのEarthWind&Fireのコンサート。阿鼻叫喚しているまわりの女の子に圧倒されてしまった。

そんな自分は
いまでもかわらないと思う。
私のまわりに花のある人が一人いる。吸い寄せられるように その人を目で追ってしまうが
「生まれつき持っているものなんだなー。」
なんて思う。


/ 01:58 / 一枚の繪と旅 / comments(0) / trackbacks(0) /
1/11PAGES >>